ライフネット生命 ランキング

ライフネット生命のランキング【生保会社比較】

第八位 ライフネット生命

:経常収益

経常利益

利益率

ソルベンシーマージン比率

9,387百万円

-475百万円

-5.06%

2,805.5%

ライフネットはこのサイトで紹介した生命保険会社のうち、唯一のネット販売特化生保です。ですが・・・ライフネットだけこのサイトで紹介した生保で利益がマイナスです。どちらかというとまだ新しい生命保険会社なので仕方ないのですが、損失が5パーセントというのは、不安な方向に大きな数字です。経営母体はしっかりしているようなので潰れることはまずなさそうですが、せめて少しでも利益が出るような体制を整えて欲しいですね。ライフネットを暖かく見守りましょう。

かぞくへの保険の前フリ

生命保険と言うのは万が一のときや病気、けがに備えて加入するものです。
加入条件も年齢や性別、各保険会社によってもさまざまですね。

 

しかし、加入される方のニーズに合わせて保険選びをすると言う点では各社共通していると思います。
生命保険の加入を考えた際にはご家庭をお持ちのお父様と独身の男性では目的がまったく違うものですね。

 

独身だからと言って病気やけがに見舞われることがないわけではありません。
責任を果たさなければならない家族がいないかいるかではかなり生命保険に対する意識が違うものではありませんか?
家族を守らなければならないお父様が加入すると安心ではないかと思われる保険があります。

ネット生保の保険料の意外な弱点

ライフネット生命の「かぞくへの保険」がおススメです。
割安な保険料とシンプルな内容が本来の生命保険の役割を果たしてくれます。
必要な保険料を各家庭や契約者のライフスタイルに合わせて選択できる仕組みになっています。

 

定期保険という、「ある一定の期間だけ保障する」生命保険です。
一生涯の保障は市内代わりに、安い保険料で大きな保障をしますよ。という保険種類でもあるのです。

 

万が一の場合の死亡理由にかかわらず保険金が支払われるので安心ですね。
また、高度障害状態になった場合でも死亡保険金と同額の保険金が支払われる仕組みです。
ライフネットの大きな特徴として
契約時の年齢が40歳以下の方から健康診断書や健康診断を受けなくても保険に加入できるのも手軽で嬉しいですね。

 

ご自身のライフニーズに合わせた生命保険に加入して万が一のときでも残されたご家族が安心して生活できるようにしたいものです。
いつも元気で職場に出社し元気に帰宅でるきことが当たり前ではないと言うことを自覚しましょうね。
健康でなければ何も始まりません。生活習慣などご自身で出来る予防は心がけて健康でご家族と過ごすことが第一です。
とは言え予期せぬできごとにも落ち着いて対応できる環境を作っておくことは大切ですね。

 

健康体割引がないので

一つ注意点があります。「ネット生保は絶対安いことは無い」のです。
どういうことかといいますと、外資系の生保や損保会社のグループ会社や子会社の生保の
「健康体割引」が適用できた場合の保険料のほうが、ネット生保の保険料より安い場合が多いのです。

 

ネット生保の保険料のほうが絶対に安い場合は、その多くが健康体割引が無いとか適用できなかった場合の保険料と比較したときですねぇ。
これも、できれば複数社の保険商品を扱える生命保険の専門家に聞いてみてください。

 

 

 

オススメ!生命保険のプロの無料相談、三社!

複数の無料相談を受けたほうが、プロのアドバイスを比較できるので良い結果になります。

 

保険マンモスHP

 

保険マンモス

 

金融に関する公的・国家資格のファイナンシャルプランナー(FP)による
生命保険無料相談サービス。理想の保険をアドバイス!

 

保険クリニックHP

 

保険クリニック

 

十五年以上の信頼と実績!来店も訪問も可能。保険コンサルタントの
相談は何度でも無料。最大約38社の保険商品を同時比較!

 

あなたのFPのHP

 

あなたのFP

 

金融・生命保険見直しのプロフェッショナル、FP(ファイナンシャル
プランナー)を無料で派遣します。保障内容と保険料を最適に!


ホーム RSS購読 サイトマップ