住友生命 ランキング

住友生命のランキング【生保会社比較】

第六位 住友生命

プロに相談して保険料節約!今すぐ!

経常収益

経常利益

利益率

ソルベンシーマージン比率

3,695,250百万円

237,503百万円

6.43%

835.4%

 

住友生命は日本の四大生保の一角と言われています。住友の名が示すとおり、旧財閥系の生保会社とも言われています。ちなみに住友財閥は世界最古の財閥だそうです。このサイトでは比較材料にしていませんが、四社の格付け会社でAクラスに格付けされています。

住友生命の解説

生命保険に加入するときは誰でも健康状態が良好ですね。
健康状態が良好ではない場合は生命保険に加入出来ないシステムになっているので当然と言えます。
健康だからこそいざと言うときの備えに生命保険に加入するというわけです。
いつも元気で生活しているとあまり生命保険の重要性というのを感じないものですが一生のうちで「がん」になる確率は男女ともに約2人にひとりの割合なのはご存じですか?
がんになった人の約3人にひとりは離職を余儀なくされているようです。
治療費が必要になるのに対して収入が途絶えると言う理不尽な環境に突き落とされると言うことです。
ご家庭をお持ちのお父様がそのような病気になったらと考えると他人事とは思えませんね。
平成15年に改正された公的医療保険制度で医療費の自己負担割合は原則3割になっています。入院されたときの食事や差額ベッド代は自己負担となってしまいます。
一定限度額以上の自己負担高額療養費として給付を受けることが出来るようですが自己負担が限度内であれば支払いをする義務があると言うことです。
がんに有効とされる治療に多くみられる先進医療の技術料は全額自己負担が原則です。
そのようながんに備える生命保険に力を入れているのが住友生命です。
せっかくがんの治療に有効と思われる治療が高額と言う理由で受けられないと言うのはそう簡単に納得出来るものではありませんよね。
ご自身ならまだしもそれがお子様であったりしたらどうしょう?

コラム

お子様にがんが発症しないと言う保障は残念なことですがありません。
目の前に可能性をぶら下げられてわが子の命とお金とを天秤にかけることなど出来るハズもありません。
ご自身にもご家族にも病気や事故など不運が無いに越したことはありませんが、万が一のときに最善を尽くせる環境を作っておくことは大切ですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ