第一生命 ランキング

第一生命のランキング【生保会社比較】

第二位 第一生命

経常収益

経常利益

利益率

ソルベンシーマージン比率

4,265,779百万円

344,222百万円

8.07%

900.8%

第一生命も旧来の日本の生命保険会社です。日本の生命保険会社は古くから相互会社という、保険の加入社がその生保会社の社員である。という形態を取っています。その相互会社形態の日本最古参が第一生命だったのですが、最近株式会社形態に移行しました。その後持ち株会社に移行するために平成二十八年に再設立されました。

第一生命の解説

保険会社の第一生命のホームページを見ると生命保険のしくみを詳しく説明しています。
生命保険に加入する人が増えると言うことはそれだけ資金が増えると言う理屈は理解できますね。

 

生命保険会社を母体としてそこに多数の子供たちが貯蓄するという考え方は良いと思います。
生命保険会社をひとつの家族と考えて家族で一生懸命貯蓄したお金で「大きなお金」が必要になった子供に資金を用意するというようなものですね。
枝分かれしている子供たちの家族の中にはもともと蓄えている資金がある家庭もあるでしょう。蓄えた資金で補えない部分を家族の柱となる契約者の子供に病気や事故などで万が一のことがあった場合に残された家族のその後をサポートする資金を生命保険会社の母体から資金を援助するということですね。

 

何人もの子供たちがいればその子供たちのライフスタイルと言うのはそれぞれ違うものですから、その子供たちのライフスタイルに合わせた生命保険をアシストしてくれるのが生命保険会社のお母さんと言うことです。
そのような大きな母体とは言えもともと身体的疾患があるような場合は、他の子供たちへの保険料負担が大きくなってしまうので事前に回避するようなシステムになっているのは仕方のないことですね。

 

それぞれの子供たちを平等に扱うための手段ということです。
生命保険を自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのはそれなりに知識が必要ともいえますね。
生命保険加入を検討したときにはご自身の生年月日や性別、健康状態なども十分配慮して選びましょう。

保険のパンフレットを集めて、保険料をシュミレーションして・・・

生命保険という言葉は誰でも知っているものだと思います。
しかしながらその生命保険を詳しく理解している方は少ないのではないでしょうか?
まぁ、詳しく理解してもすぐに忘れてしまうのが生命保険なんですけどねぇ。

 

自分のライフスタイルに合った生命保険を選ぶには、まず生命保険のしくみをしっかりと理解し生命保険を検討することが必須ですね。
と、教科書通りの理想を言っても、自分で生命保険のパンフレットをたくさん集めて、自分で生命保険の保険料のシュミレーションをして、家族に合った保障を考えて・・・なんてやっていたら、いつまでたっても加入すべき、見直すべき、生命保険が決まりません。

 

無料ですので、生命保険の専門家の助けを借りた方がいいです。
家電を選ぶのに、店員さんのアドバイスは無料ですよね?そんな感じで生命保険のプロの知識と知恵を借りられます。
もちろん生命保険の専門家のアドバイスを聞いて、提案してきた内容が気に入らない場合は簡単に断れますし、営業電話などは一切ありませんので安心です。

 

 

 

オススメ!生命保険のプロの無料相談、三社!

複数の無料相談を受けたほうが、プロのアドバイスを比較できるので良い結果になります。

 

保険マンモスHP

 

保険マンモス

 

金融に関する公的・国家資格のファイナンシャルプランナー(FP)による
生命保険無料相談サービス。理想の保険をアドバイス!

 

保険クリニックHP

 

保険クリニック

 

十五年以上の信頼と実績!来店も訪問も可能。保険コンサルタントの
相談は何度でも無料。最大約38社の保険商品を同時比較!

 

あなたのFPのHP

 

あなたのFP

 

金融・生命保険見直しのプロフェッショナル、FP(ファイナンシャル
プランナー)を無料で派遣します。保障内容と保険料を最適に!


ホーム RSS購読 サイトマップ