生保会社 比較 ランキング

生保会社を比較ランキングしました。

生命保険会社を比較したいのでをランキングしてみました。

赤注目

当サイトの独自のランキング基準は、生命保険会社が毎年公式発表する沢山の項目の数値から

経常収益」 「経常利益」 「利益率」 「ソルベンシーマージン比率」という
4種類の項目数値比較ランキングしています。
この数値を比較することで、生命保険会社の安心度合いみたいな物が分かるのではないかと思います。
毎年5月頃に各社から発表される数値で比較しています。

生保会社ランキング 第一位 日本生命

経常収益

経常利益

利益率

ソルベンシーマージン比率

7,744,877百万円

537,509百万円

6.94%

903.7%

一位 日本生命が一位です。
経常収益は、保険料の売上+その他の売り上ですが、日本生命の場合保険料の売上が6,080,915百万円→約6兆809億円で、それまで超えられなかったかんぽ生命の保険料売上さえも抜いて日本一の保険料売上です。売上全体に対する利益も良いので利益率は6%台となり、かなり良い数値になりました。

生保会社ランキング 第二位 第一生命

経常収益

経常利益

利益率

ソルベンシーマージン比率

4,265,779百万円

344,222百万円

8.07%

900.8%

二位 第一生命が二位です。
以前、日本生命の保険料売上を抜かして日本一の保険料売上になったそうです。それが日本生命を本気にさせてしまったようで、翌年日本生命が初の六兆円超えの保険料売上を達成し、さらにそれまで抜かせなかったかんぽ生命の保険料売上も抜かしました。第一生命はある意味噛ませ犬になってしまったようです。

生保会社ランキング 第三位 明治安田生命

経常収益

経常利益

利益率

ソルベンシーマージン比率

4,235,455百万円

300,953百万円

7.11%

938.5%

第三位 明治安田生命が第三位です。
日本一歴史が長い生命保険会社です。結構多くの生命保険会社ランキングサイトで、明治安田生命の順位は三位が定位置みたいになっていますが、言い方を変えれば日本生命を抜かすことも、かんぽ生命を抜かすことも無理でしょうし、第一生命も大分勢い付いているので、このままでは四位が定位置になってしまいそうな感じです。

こんなランキング手法もあります。

注目してください 生命保険への加入というのは大切だと分かっていても加入に至るまでが大変ですよね。

生命保険商品自体の保障の違いも気になりますが、生命保険会社の評判とか安心できそうなデータが欲しいと思うこともあるでしょう。

そこでこのサイトでは各生命保険会社の、経常収益、経常利益、利益率、ソルベンシーマージン比率 をそれぞれ調べて、生命保険会社ランキングを独自手法で作ってみました。


普通ベスト10じゃないの?と、疑問を持つ方がいらっしゃると思います。全くその通りです。本当はベスト10のサイトにしようと思ったのですが、8社分の記事を書いたらくじけてしまいました。もしかしたら後々ベスト10以上にするかもしれないので楽しみにしておいてください。


(ちなみに生命保険の評判をまとめたサイトなら 生命保険会社の評判とランキング!国内・外資生保32社を徹底比較がおすすめです。)

生保会社ランキング 第四位 アフラック

経常収益

経常利益

利益率

ソルベンシーマージン比率

1,850,821百万円

238,116百万円

12.87%

848.2%

第四位 アフラックが第四位です。
総売上である経常収益は三位までの保険会社よりもかなり低いですし、ソルベンシー・マージン比率は三位までの会社より少し低いのに四位担った理由は、利益と利益です。二桁の利益率なんて、多分アフラックだけではないでしょうか。
利益率は日本生命の利益率の二倍近い数値です。アフラックはいつも利益率が高いんです。こんなに良い利益率を出せるなら保険料もう少し安くしてくれたって良いのに。と思ってしまいます。

ちょっと変わった、生保会社のランキングですが

h5画像 たくさんある保険会社の中から自分のライフスタイルに合った保険へ加入するのは至難の業と言っても過言ではありません。
今は日本の生命保険会社に加え外資系の生命保険会社もたくさん日本でサービスを展開しています。そんな状況で、どの生命保険会社が最良の会社なのか?というのはわかりにくいですよね。
ということで、生命保険会社を判断する材料のほんの一部にでもなれれば。という気持ちで生命保険会社のランキングを作ってみました。

ランキングだけではつまらないので、各ページで管理人の個人的な感想として生命保険会社8社それぞれのの特徴などを交えてご紹介しています。
まぁ、生命保険会社の評判そのものは他のサイト様に任せるとして、なんだか悪口みたいに見えてしまうかもしれませんが、あくまで辛口の感想と言うことで気軽に読んでいただければ幸いです。
こんなサイトは検索エンジンのランキング上位になんてなれるわけが無いと思うので、辛口の評判を書いても問題ないでしょう。多分。

保険はムダなく加入しましょう

生命保険の目的を考えましょう

ランキングから話をズラしましょう。生命保険は、それぞれの目的にあった保険に加入をされることが大切な命や大切な家族への安心につながるのですが、目的を間違えると凄い後悔をしてしまいます。
不慮の事故や病気にならないことが最善ですが、人生には何が起こるか分からないものです。そんな事態に直面したときに後悔したり動揺したりすることのないように、その時々にあった保障をしっかり整えおくことをおススメします。

家族を守るための生命保険

生命保険への加入目的とか必要性と言うのは、個人・家庭・夫婦単位でそれぞれ異なるのが当たり前です。男性・女性・年齢・既婚・未婚と人それぞれの環境によって必要な保険というのも異なってしまいます。
男性は結婚したときに生命保険の重要性を再確認すると言う話は良く聞きますが、結婚するということは養い守るべきものが出来ると言うことですよね。経済的な問題も配慮しながら保険加入をすることが大切ではないでしょうか?

保険営業は誘う

そういう考えを逆手に取るかのように、大手生命保険会社などの営業職が「結婚したら愛する妻または夫の為に保険の増額を」と迫ってきますが、社会人になったときに少額でも良いので死亡保険と医療保険にでも加入していれば、結婚したからといって相手の為に新規の保険に加入する必要なんてありません。

結婚しても保険はそのままで良い

極端に考えて結婚して一週間後にどちらかが他界したとしても、冷めた言い方をすれば独身時代に戻るだけですよ。今は結婚しても夫婦で会社勤めなんて当たり前ですから、例え夫が運悪く他界したとしても妻が働いていれば何の問題もありません。
結婚相手にお金を遺したいのなら、独身時代に加入した死亡保険の保険金で十分ですよ。
結婚したら保険を増額なんてお金の大損です。多くの保険は超長期ローンと思うべきです。毎月五千円増やしただけで、一年で六万円、十年で60万円の出費です。

子供が増えたら新規加入

子供ができたことがわかったら、夫が保険を増やすか死亡保険を増額すべきでしょう。例えば子供ができて夫が死んだら、妻と子供の生活費と子供の大学までの学費は遺すべきですから。
さらに子供ができたら、その子供の生活費と学費を満たすような保険を追加すれば十分なんです。

保険にムダや不足はありませんか?

子供がいない夫婦なのに余計な保険に入っていませんか?
また、子供がいるのに死亡保障が十分かどうかわからない。なんてことはありませんか?
今の保険の補償内容に疑問を感じたら。毎月の保険料が高いと感じたら。もうすぐ保険の更新が来るので保険料の高騰が不安と思ったら・・・。
現在加入されている生命保険の直しという方法もあります。

良い保険商品を組み合わせましょう

ホントにご自身に必要な保険であるかご自身にホントに合った保険であるかをこの機会に考えてみてはいかがですか?
生命保険会社の保険営業は自社商品の説明販売はできますが、他社商品との比較をするのは厳禁です。
家電でも、テレビが得意な会社があればエアコンが得意な会社もあります。エアコンが得意な会社がテレビも得意かというと、テレビはイマイチだったりします。
保険も家電などと同じようなもので、医療保険が得意な会社もあれば定期保険が得意な会社もあります。そのようなおいしい保険商品だけを組み合わせて家族を守る保障を構築すれば、安くて保障が厚い保険にすることができるでしょう。

保険の疑問や見直しは専門家に

 

オススメ!生命保険のプロの無料相談、三社!

複数の無料相談を受けたほうが、プロのアドバイスを比較できるので良い結果になります。

保険マンモスHP 保険マンモス 金融に関する公的・国家資格のファイナンシャルプランナー(FP)による 生命保険無料相談サービス。理想の保険をアドバイス!
保険クリニックHP 保険クリニック 十五年以上の信頼と実績!来店も訪問も可能。保険コンサルタントの 相談は何度でも無料。最大約38社の保険商品を同時比較!
あなたのFPのHP あなたのFP 金融・生命保険見直しのプロフェッショナル、FP(ファイナンシャル プランナー)を無料で派遣します。保障内容と保険料を最適に!

ホーム RSS購読 サイトマップ